健康経営宣言

健康経営宣言

職員が心身ともに健康であることは、組織運営上の基本です。
健康を基盤に安心・安全な職場環境が形成され、各々が能力を発揮することで患者・顧客に対し価値あるサービスが提供できます。

我々は“地域の皆様に「よかった」と言ってもらえるような医療・介護サービスの提供をしていく”、という法人の理念を実践していくためにも、職員の健康保持・増進を積極的に取り組んでいきます。

一般社団法人衛生文化協会 城西病院
理事長 玉城 成雄

推進体制

理事長を議長とする産業医、保健師、衛生管理者などが参加する「健康経営推進会議」を設置し、健康経営に関する取り組みを行う
経営会議、労働安全衛生委員会、教育委員会など各種委員会並びに産業医との連携
健康保険組合との連携

主な取り組み

職員及びその家族の健康

1. 定期健康診断及び特定業務健診の受診率実質100%
2. 扶養家族の健康診断受診勧奨
3. 女性のがん検診受診の啓蒙活動

健康課題の把握とその対策、ストレスチェック

1. 健康診断の結果に基づき、産業医による面談指導、保健師による健康相談を実施
2. 特定保健指導の実施率70%達成目標
3. 治療、改善が必要な職員に対して専門医の紹介
4. 基礎疾患など治療費の補助(院内受診)
5. ストレスチェック(過重労働対策含む)を行い必要に応じて産業医面談を実施

働き方改革の遵守やヘルスリテラシーの向上

1. 法定で定められた時間を超える時間外労働0を実践
2. 管理職も含め、年間有給休暇取得5日以上の徹底(計画的付与)
3. フレックスタイム制の柔軟性拡大
4. 管理職を含む従業員に対する心と体の健康保持に関する教育を実施(教育委員会)

安心、安全でやりがいのある職場づくり

1. 職員アンケートで満足度調査の実施
2. 職員の感染対策の徹底(感染対策委員会)と感染対策教育の実施(教育委員会)
3. 職員及び家族のインフルエンザ予防接種の無償実施
4. 衛生管理者その他資格取得の助成
5. 禁煙宣言 *職員の就業時間の喫煙禁止/病院敷地内禁煙
6. ボーリング大会などのレクリエーションの実施(現在中止)

啓発ポスター

ページの先頭へ