理念

院長挨拶

“地域の皆様に「よかった」と言ってもらえるような医療・介護サービスの提供”を目指して

当院は、地域の健康を支えることを目的に昭和24(1949)年に開設され、以来、地域に根付いた医療・介護に取り組んでおります。おかげさまで、平成31(2019)年に創立70周年を迎えることができました。
内科・整形外科・眼科の3診療科を標榜しておりますが、当院にない診療科または高度専門治療が必要で当院対応困難な場合には他院をご紹介いたします。

入院において、在宅や施設で療養中に調子を崩し治療を要する患者さん以外にも、急性病院治療後で在宅復帰までの継続加療を要する患者さんを、また、医療必要度が高いために在宅療養困難な患者さんを受け入れております。
退院後に安心して療養が継続できるように、訪問診療、訪問リハビリ、通所リハビリ等の体制を整えております。
近隣医療機関をはじめ、高齢者施設、その他介護事業者との連携を図りながら、地域の皆様に「よかった」と、言ってもらえるような医療・介護サービスを提供し続けていきます。
そして地域の皆様が年齢を重ねても健康で安心して暮らせる街づくりに貢献できれば幸いです。

沿革

1948(昭和23)年 4月 社団法人衛生文化協会(当時)設立
1949(昭和24)年 1月 杉並区上荻2丁目に病院開設(内科・外科・産婦人科)
1975(昭和50) 巡回健診開始
1990(平成 2) 日本糖尿病学会認定教育施設指定
1994(平成 6) 荻窪にて施設健診開始
2000(平成12) 訪問看護ステーション開設
2002(平成14) 通所リハビリテーションセンター開設
2005(平成17) 病院新築移転
2014(平成26) 公益法人制度改革により一般社団法人に移行
2015(平成27) 築地にて健診施設開設(報道健保築地健診プラザ)
2018(平成30) 一般病床をすべて地域包括ケア病床に転換完了

理念

地域の皆様に「よかった」と言ってもらえるような医療・介護サービスを提供していきます。

そのために以下に示すCSS(信頼・奉仕・研修研鑽)に基づいた行動を実践していきます。

ロゴマークについて

当院のロゴマークにはいつも行動の基本となる理念を忘れないよう、信頼・奉仕・研修研鑽が表現されています。

1.信頼
青い十字は環状八号線と青梅街道を表し、オレンジの丸は城西病院の場所を意味します。地図をロゴマークの中に表現し城西病院が地域に根ざした真に信頼される病院を目指すことをあらためて確認しています。
2.奉仕
ニーズの変化・技術革新に対応したサービスの開発に取り組み、患者さんの治療・療養のお手伝いをします。
3.研修・研鑽
下から上へ広がりをもつ形にする事で向上心とともに「研修・研鑽」を表現しています。

ページの先頭へ